外国語の通訳は日本語もとても大事!

外国語の通訳は、英語がペラペラ話せたとしても、しっかりとした日本語が話せないのでは、難しいと思います。それはもう外国語の通訳というよりも、外国語の翻訳の方が如実に反映されてしまうことでしょうけれど、しかし外国語の通訳においても、日本語が残念すぎるレベルですと、外国語の通訳者としての仕事は成立しませんから。

ですから、なんだったら英語よりも日本語がマトモできないとつらかったりしますからね。タメ口日本語しゃべりでずっと外国人の方の話を訳されてしまっては、ビジネスの場ではNGでしょう。多少英語の方は拙かったとしても、しっかりとまずは日本語で会話ができないと、会社側としては困るわけです。

とは言いましても、今ではイベントなどでも外国語の通訳仕事がありますので、気楽なパーティーなどにおいては、フランクな日本語でも受けいれてはもらえるでしょう。けれど、日本語のしゃべりは形式が大事ですからね。敬語が使えないようでは、日本人からの外国語の通訳の依頼は厳しいかなと思います。